生きてるのが辛いって言われたら。。


現実の世界から逃げて ねっとの世界へ飛び込んだ人は、


ねっとの世界からも逃げた場合、現実に戻れるんやろうか。。





電話で いつも「死にたい」 って言う人がいた


その人の置かれてる立場・環境などを考えると


何も言えなかった


側に居てあげる事も出来なくて


黙って話を 聞くだけだった





ある日 その人 病気になった


自分が気をつけていれば 治せる病気なんだけど


治す努力をしなかった


今、思えば 「治さない」努力をしたのかもしれん。。




うち宛てに荷物が届いた


誕生日プレゼント


決して高価な物ではなく 自分で出来る範囲で


用意をしてくれたんやと思う





お礼の電話をかけた


もう、「死にたい」とは、言ってなかった


少し ほっとした






電話を切った後に気付いたメモ、


『 いつまでも元気でいて下さい 』


涙が止まらなかった





これが最後の電話となった。。






それから 1ヵ月後、亡くなった


その人の 希通りになった


これで 良かったんかなぁ。。





自分の気持ちを 一方的にぶつけるのは、


相手に負担をかけるだけなのかもしれない


けど、本音は、


もうちょっと生きていてほしかった。。 





生きていたら、いつかはきっと良い事があるよ!


って、いうのは 無責任な言葉なのかもしれない


でも、生きてないと 「その時」 を味わう事が出来ない